不動産投資

不動産投資

長期的な見通しからご提案

投資用不動産を買って必ず収益があがるとは限りません。物件の場所や間取りなどに応じて先行きの空室や金利などを考慮し収益パフォーマンスを見極めながら物件のご提案をさせて頂きます。保有中のキャッシュフロー、売却時のキャピタルゲイン、その不動産が持っている本当のパフォーマンスをお客様にわかりやすくご提案させて頂きます。

賃貸管理が出来る強み

物件の保有中は賃貸管理の良し悪しでパフォーマンスは大きく異なります。取得〜保有〜相続(売却)まで次世代まで安心して引き継げるのは「保有中」いかにしっかりとした管理が行われているかに掛かっています。弊社の最大の強みである賃貸管理と共に不動産投資を安心へと導きます。

空室募集の迅速対応

物件の保有中には空室になることもあります。借主様より退去の連絡を受領し弊社ではいかにしてスムーズに原状回復工事を完了させて新たな入居者様にお借りして頂くかを非常に重要な要素と考えています。情報を適切に公開することで迅速な空室対策を講じています。

金融機関との連携

不動産投資において資金調達は非常に大きな要素となります。以前と比べて昨今は非常にローン審査が厳しくなっています。物件の状況や投資家様の状況を正しく理解し、可能な限り有利な資金調達を行えるよう、金融機関と連携しております。

物件の分析(リスクとリターン)

不動産投資の収益は数字で表されますが、長期的視野の分析、様々なシナリオでの分析が必要となります。物件のエリアや間取りなど様々な要因でその不動産の収益の見込みは大きく変わります。賃料が下落する想定や、空室率があがる想定など悪いシナリオも見ておくことで事前に先行きをシミュレーションしておくことは必須事項です。

バリューアップ工事

賃貸の入居者ニーズにはトレンドがあります。長年に渡り支持される要素、短期的に人気のある内装、様々なバリューアップ工事がありますが、オーナー様が保有する計画等を考慮しながら意味のあるバリューアップ工事を提案しています。

PAGE TOP